秋の七草の覚え方 <日本文学、雑学>

秋の七草」は「春の七草」ほど有名ではなく、あまり知られていませんが、実は由緒あるもので、こちらの方が先に作られています。

 

「秋の野に咲きたる花をおゆび折りかき数ふれば七種の花」

「萩の花尾花葛花撫子の花女郎花また藤袴朝貌の花」 山上憶良

 

万葉集』の山上憶良が秋の代表的な花を挙げているのですが、五七七五七七の旋頭歌という形式なので少し覚えにくいようです。そこで覚えやすく並べ替え、短歌形式でおさめてみました。

 

「葛、桔梗、萩、藤袴、女郎花、尾花、撫子、秋の七草

(クズ、キキョウ、ハギ、フジバカマ、オミナエシ、オバナ、ナデシコ、あきのななくさ)

※頭文字の「カ行」二つ(葛、桔梗)、「ハ行」二つ(萩、藤袴)、「オ」二つ(女郎花、尾花)、「おばな」の末尾「ナ」(撫子)の計七つ

 

春の七草」の方も掲げておきます。短歌形式で有名なのですが、「秋の七草」と違い、出典ははっきりとしません。

「せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろ、春の七草

 

春の菜を食す風習は古代からあったと考えられているが、七草粥のように七種に定まったのはかなり後世のことだと考えられている。