初代神武天皇~9代開化天皇/歴代天皇の覚え方(1) <日本史>

今回は歴代天皇の第1弾で、初代神武天皇から9代開化天皇を取り上げます。

 

ジン「翆」は安易!

校章を考案し、恒例の高原で開花!

[ジン:神武天皇、翆:綏靖天皇、安:安寧天皇、易:懿徳天皇、校章:孝昭天皇、考案:孝安天皇孝霊天皇、高原:孝元天皇、開花:開化天皇

 

実在性が疑われる2代綏靖天皇から9代開化天皇はいわゆる「欠史八代」と呼ばれています。

 

初代神武[ジンム]天皇

日向で生まれたとされ、苦労して東征し、今の奈良県橿原市に入ってきたとされています。1890年に有志の請願を創建されたのが橿原神宮です。即位した紀元前660年1月1日は皇紀の紀元となっており、太陽暦に換算した2月11日は建国記念の日(戦前は紀元節でした)となっています。天皇在位は、B.C.660~B.C.585の76年間です。

 

2代綏靖[スイゼイ]天皇 

漢字の二字ともに「やすらぐ」という意味なので、似たような意味の漢字を並べたことになります。  は見慣れない漢字ですが、分解すると「糸」+「爪」+「女」。天皇在位はB.C.581~B.C.549の33年間です。

 

3代安寧[アンネイ]天皇 

2代綏靖と同様、漢字の二字ともに「やすらぐ」という意味の漢字を並べています。は難しい漢字ですが、分解すると「ウ」+「心」+「皿」+「丁」。天皇在位はB.C.549~B.C.511の38年間です。

 

4代懿徳[イトク]天皇

「懿」は立派な、素晴らしいという意味なので、「懿徳」は「素晴らしい徳」ということになる。 は22画で、分解すると「壹」+「次」+「心」(イチ、ツギ、ココロ)となります。「壹」をさらに分解すると、「士」+「ワ」+「豆」(サムライ、ワ、マメ)となります。天皇在位はB.C.510~B.C.477の34年間です。

 

5代孝昭[コウショウ]天皇

天皇在位はB.C.475~B.C.393の83年間です。

 

6代孝安[コウアン]天皇

天皇在位はB.C.392~B.C.291の102年間です。

 

7代孝霊[コウレイ]天皇

天皇在位はB.C.290~B.C.215の76年間です。

 

8代孝元[コウゲン]天皇

天皇在位はB.C.214~B.C.158の57年間です。

 

9代開化[カイカ天皇

天皇在位はB.C.158~B.C.98の61年間です。