歴代鎌倉執権の覚え方 <日本史>

今回は、歴代鎌倉幕府執権を取り上げます。

 

まずは先に取り上げた鎌倉幕府歴代得宗を書き出します。その後、得宗以外の執権を埋めます。

 

政 義 泰 経 頼長 政宗 貞師 宗煕基高貞守

 

初代執権時政

2代執権義時 

3代執権泰時 

4代執権経時 

5代執権時頼

6代執権長時は2代連署となった重時の子で、5代得宗時頼の後半期に、時頼の後継の執権になりました。初の得宗家以外の執権就任となります。 

7代執権の政村は6代得宗時宗がまだ若かったことから、時宗に先駆けて3代連署だった政村が執権に就任し、その後執権と連署が入れ替わる形で、時宗に執権を譲りました。

8代執権時宗 

9代執権貞時

10代執権の師時は7代得宗の貞時の後半期に執権に就任しました。

11代執権大仏宗宣

12代執権煕時 は日本の首相だった「細川護煕」や韓国の大統領だった「朴正煕」でも出てくる漢字です。

13代執権基時

14代執権高時

15代執権金沢貞顕

16代執権赤橋守時

 

4代得宗の経時までは得宗と執権が一致していますが、5代得宗時頼以降は、他の人が執権に就任しているときがありまsます。